2007年06月14日

さぁ過払い返還請求しちゃいましょう♪

   1. 取引履歴を取寄せる
利用している貸金業者に電話して取引履歴の開示をお願いする。
何に使うのか聞かれますから、適当に答えてください。
この時の返答はあまり重要ではないようです。
まぁ目的のない人は履歴を開示したいなんて思わないですよね。。。

電話で済むところ。
支店まで取りに行かなければならないところ。
所定の請求用紙で申し込むところ。
などいろいろです。
お金のかかるところもあります。
一部分しか送ってこないところなどもあるようです。。。

開示までの期間は各社まちまちです。
1週間くらいみてください。
(1週間して届かなければガンガン電話で催促しちゃってください♪)
一番かったるい部分ですが頑張りましょう♪



   2. 引き直し計算(法定利息での再計算)
難しくないですよ〜
エクセルがちょっと分かれば大丈夫♪
僕の場合は[過払い金回収マニュアル] サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法という本の付録ソフトを使用しました。
Q&A本の付録ソフトも同じ物です。


インターネットからも無料でダウンロードできますのでしようしてみてください。

外山司法書士提供



   3. 過払金返還通知書発送
過払い金があったら返還通知書を発送します。内容証明でも配達記録でも普通郵便でもいいようです。
内容証明がいいようです。

僕は直接窓口に持って行きました(^^ゞ



  4. 貸金業者へ電話
まず貸金業者から連絡はないのでこちらから電話します。

サクッと
「訴訟してくださいとい。」
と言われます。。。

電話で和解するケースもまれにあるようです。
請求金額と近ければ和解もありでいいと思います。
業者の提示してくる金額は希望とはかけ離れてる場合がほとんどのようです。



   5. 提訴を起こす
訴状を作成して裁判所に持って行きます。

訴額が
140万円以下は簡易裁判所
140万円を超える場合は地方裁判所

必要な物
・訴状×3部
・法定金利計算書(あなたが法定金利に引き直した書類)×3部
・取引履歴開示書(貸金業者が発行した書類)×3部
・過払金返還通知書×3部
・代表事項証明書×1

・郵券切手(いくら必要かは裁判所で聞いてください。)
・認印
代表事項証明書は1通1000円です。
費用は合計で1万ちょっとかかったと思います。
書類関係は代表者事項証明書以外は3部ずつです。
裁判所の分と自分の分と金融会社の分です。
書式に関しては検索してみてください。
結構出てきます。

[過払い金回収マニュアル] サラ金・消費者金融からお金を取り返す方法
Q&A本にも付録でついてきます。


はじめにやったこと>>

取引履歴を取り寄せる>>







posted by まいける at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過払い金返還請求の手順
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。