2007年06月29日

じゃ、裁判しよう!!

 相手が和解に応じない。
相手の提示額が極端に低すぎる。

と、いう状況であれば裁判を起こしましょう♪


訴状を作成しましょうね。
テンプレはネットで検索していただくと出てくると思います(^^ゞ


どこでやろう??
家の近所の裁判所でかまいません。



訴額(請求する金額)が
140万円以下は簡易裁判所
140万円を超える場合は地方裁判所

必要な物
・訴状×3部(あなたの分、裁判所の分、貸金業者の分)
・法定金利計算書(あなたが法定金利に引き直した書類)×3部
・取引履歴開示書(貸金業者が発行した書類)×3部
・過払金返還通知書×3部
・代表事項証明書×1※

・収入印紙(訴額によってかわります。裁判所で確認すると間違いないと思います。)
・郵券切手(いくら必要かは裁判所で聞いてください。)
・認印

※代表事項証明書は1通1000円です。


僕の場合、元本80万以下の請求で費用は合計で1万ちょっとかかったと思います。
書類関係は代表者事項証明書以外は3部ずつです。
裁判所の分と自分の分と金融会社の分です。
書式に関しては検索してみてください。
結構出てきます。


文頭でも言いましたが貸金業者があまりにふざけた態度の場合は躊躇せず提訴しましょう。
提訴しても失うものはありませんからね♪







posted by まいける at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 提訴!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。